Nutanix

ITニュース HCI

Nutanixの特徴
・HCIのカテゴリーを作ったHCIベンダー。VxRail, Vsanに抜かれ世界シェア2位。
・リリース当初はオンプレ思考だったが、Hybrid Cloudを思考しておりサブスクリプション収入が増えている
・独自開発のサービスを増やしている。
 - AHV…Nutanix上で動くハイパーバイザー
 - Volumes…Nutanixの外にiSCSIでボリューム提供
 - Files…CIFS/NFSのファイルサーバー
 - Objects…S3互換のオブジェクトストレージ
 - Era…DBのコピーマネジメントツール
 - Karbon…Kubernetsを利用したコンテナ管理ツール
 

スポンサーリンク

2020/3/17 Objects 2.0を発表

Objects 2.0を発表しました。新機能は下記です。

・1ノードあたりの容量アップ
  ⇒今までの135TB/nodeから240TB/nodeに容量増強が可能です。
・WORM対応
  ⇒更新を試みると上書きはされず、別オブジェクトとして保存されるようになるようです。
・Splunk SmartStore(S3)対応
  ⇒SplunkのSmartStoreの保存先として使用できることを表明しました。

この機能は既存のアップグレードで使用可能になるようです。

スポンサーリンク
シェアする
ニュースの補足

コメント

タイトルとURLをコピーしました