前田建設工業(1824)はコンセッションで成長

株式関連ニュース 個別企業

前田建設の特徴
・道路関連
・コンセッション事業(インフラは自治体が持って、道路の運営は民間)、特に有料道路の運営がうまく言っている

スポンサーリンク

2020/2/20 前田道路がTOB対抗策で特別配当

日経が、前田道路が534億円の特別配当案(1株650円)を20日の取締役会に提案したと報じた。

狙いとしては、TOBを仕掛けている前田建設への対抗策と見られる。
資金の流出させて撤回させるというかなり消極的な狙いの模様。

これに対し、前田建設側は、誠に遺憾とのコメントを出していて、泥仕合の様相を呈しています。

2020/1/20 前田道路と対立の上TOB

前田道路(前田建設が3割出資している持分法適用会社)がシナジーが出ないとして資本関係解消の通知を行った。
それを受けて、前田建設が1株3900円でTOBの実施を発表。

・効果
 鞘寄せする形で株価は3900円に近づきました。
 日本道路党の道路関連も株価上昇しています。

スポンサーリンク
シェアする
ニュースの補足

コメント

タイトルとURLをコピーしました