Intel, Optane(3DXpoint)

ストレージ ITニュース

Intel Optane(3DXpoint)の特徴
・3DXpointという新しいメディアを使用してOptaneというブランドで販売している
・MemoryとSSDの間の性質を持つStorage Class Memory(SSDより高速な不揮発性メモリ)に属する
・メモリスロットに刺して使用する方法や、SSDの代わりにドライブスロットとして使用する方法がある。

スポンサーリンク

2020/1/29 3DXpointの出荷遅れを示唆

製品出荷時期をレポートで示唆
https://s21.q4cdn.com/600692695/files/doc_financials/2019/q4/a11c87c5-ac7e-4b80-b2f4-f13d59784af8.pdf

Memory(DIMM)型Optane…2020年にPRQを達成予定(その後サンプル出荷)
ドライブ型Optane…2020年にサンプル出荷を開始予定
144層QLC SSD…2020年にリリース予定

●2019/9に発表された次期の計画
①CPU…Cooper Lake(14nm)/Ice Lake(10nm)
  ⇒2020年リリース予定
②Memory型Optane…Barlow pass
  ⇒第2世代Optaneを使用。2020年リリース予定。
③ドライブ型Optane…Alder stream
  ⇒第2世代Optaneを使用。2020年リリース予定。
④3D NAND…144層QLC SSD
  ⇒2020年出荷予定


●生産場所
②③Gen 2 Optane…ニューメキシコのFab 11
④144層SSD…Intel大連工場

スポンサーリンク
シェアする
ニュースの補足

コメント

タイトルとURLをコピーしました