Diamanti

ITニュース HCI

Diamantiの特徴
・コンテナ環境向けHCI製品として提供。オーケストレーションツールとしてはKubernetesを使用。
・各HCIベンダー(Nutanix+Karbon)、コンテナ用ストレージ対応製品(NetApp NKS、Portworx)等を競合とベンチマークしている
・HyperVisorを用いず、ベアメタルサーバーにコンテナを直接建てる形を取っている。

スポンサーリンク

2020/3/24 モデル追加

コンテナに特化したHCIのDiamantiのモデルが追加されました。
NVMe RAIDストレージコントローラーをSR-IOVで仮想化し、コンテナごとに コンテナごとにCPU, IO性能のQoSを設定・割当する等の工夫がされています。

※D20の特徴
ハードウェア


 ・CPU, Memory
   22、32、または44コアと192GB、384GB、または768GBのRAM
 ・SSD
   4 x 1 TB、2 TB、8 TBのIntel NVMe SSDで、4 TB、8 TB、32 TBの構成を提供(データ用)
   2 x 480 SATA SSD(ホストLinux OSおよびDockerイメージストレージ用)
 ・ネットワーク
   ノードごとに1つの40 GbitE QSFP +接続を介して4 x 10 GbitEを使用してクラスター化
 ・高速なオプション
   GPUをD20に追加して、AIと機械学習タイプのワークロードにより適したものにすることができる。NvidiaのNVLinkクロスコネクトGPUカードをサポート
 ・コンテナ
   コンテナーオーケストレーションはKubernetes v1.3を介して行われ、コンテナーランタイムシステムはDocker v1.13を使用

 ※D20 RHバージョン
   Red HatのOpenShift Container Platformの実行が認定されているRed HatであるD20 RHシステムを提供可能

◎ソフトウェア

 ・Diamantiソフトウェア
   コンテナーごとのサービス品質管理、ノード間のミラーリング、スナップショット、バックアップと復元、およびレプリケーションを含む
 ・Diamanti Spektraソフトウェア
   現在技術プレビューモードで、オンプレミスのD20クラスターをAWS、Azure、Googleクラウドと統合するハイブリッドクラウドデータ管理を提供

スポンサーリンク
シェアする
ニュースの補足

コメント

タイトルとURLをコピーしました